So-net無料ブログ作成
検索選択

首相、中井氏の問題、「二度とこのようなことがないよう」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は31日の党首討論で、中井洽(ひろし)国家公安委員長が警護官(SP)を連れずに知人女性と飲食店などを訪れていたと「週刊新潮」で報じられたことについて、「SPをつれていなかったことは、十分な配慮がなかったとは思うが、ある種、何らかの自由があったのではないか。本人も大いに反省しているので、二度とこのようなことがないようにいたさせる」と述べた。

【関連記事】
鳩山首相「中井国家公安委員長の行動は配慮がなかった」
中井公安委員長、薄い危機意識 「国民に不安」 
女性問題の中井氏「路上でキスは一回もない」
中井氏の女性問題 直嶋経産相が不祥事嘆く
議員宿舎はラブホ!?人妻や不倫ではないけど…
あれから、15年 地下鉄サリン事件

小児の臓器提供 児相通告事案は見合わせ 厚労省ガイドライン(産経新聞)
新党結成へ5日夕最終調整 平沼、与謝野氏ら(産経新聞)
<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
写楽の傑作、35年ぶりにオークションに(産経新聞)
「新党今週中に」与謝野氏、都知事「応援団に」(読売新聞)

<築地移転>予算可決へ 民主が修正案見送り(毎日新聞)

 築地市場(東京都中央区)の江東区豊洲地区への移転問題で、都議会民主党は27日、都の予算案から移転用地購入費を削除した修正案の提出を見送る方針を固めた。市場の現在地再整備と移転を比較検討するとの都側の妥協案を受け入れた。修正案提出の見送りで、市場移転に関する予算は付帯決議付きで都の原案通りに可決する見通しとなった。

 予算案が原案で可決されれば、築地市場移転計画はとりあえず中断に追い込まれる事態は回避される。ただ、移転用地の購入に際して議会の意思を尊重するとの案も都側から民主党に示されている模様で、移転の是非を巡っては、今後も論議の余地が残されそうだ。

 昨年7月の都議選のマニフェストで「強引な移転に反対」を掲げ、現在地再整備の再検討を求めている民主党は、24日に予算案に対する修正案の提出を表明。それまで現在地再整備の再検討に応じていなかった都は、知事与党の自民党を通じ、民主党との水面下の折衝を始めた。都側が示した複数の譲歩案を巡り駆け引きが続いていたが、27日になって妥協点がほぼ固まった。都の原案は新年度市場会計予算案に豊洲の用地購入費1260億円を盛り込んでいる。27日午後に予算特別委員会の質疑を行い、30日に本会議採決が行われる予定だ。【市川明代、江畑佳明、真野森作】

【関連ニュース
郵政改革案:30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明
鳩山首相:普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す
鳩山首相:内閣支持率の下落傾向に強い危機感 記者会見で
鳩山首相:記者会見をフリー記者らに開放 40人が出席
参院選:民主静岡県連方針を小沢氏拒否「2人擁立原則」と

線路に転落した男性救助、会社員2人に感謝状(読売新聞)
<鳩山首相>普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す(毎日新聞)
<東京電力>福島原発の稼働延長など申請 運転40年迎え(毎日新聞)
コンビニ納税、4月から全都道府県で=市町村は2割超−総務省調査(時事通信)
<雑記帳>始球式でバッテリー 神奈川知事と横浜市長(毎日新聞)

【人】警視庁捜査1課長に就任 若松敏弘さん(57)(産経新聞)

 あの日を鮮明に記憶している。平成13年9月1日、東京・歌舞伎町のビル火災で44人が命を落とした。

 当時は新宿署刑事課に勤務。署に泊まり込むことが多かったが、8月31日は久しぶりに帰宅していた。だが布団に入った瞬間、動揺した署員からの電話でビル火災を告げられた。

 タクシーに乗って署に急いだが、5人、10人と増える死者。署員を集めて、遺体の身元確認を仕切った。昭和60年、520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故でも、バラバラになった遺体の身元確認に携わった。遺族に「見つかっていない遺体の一部を探すため」と頼み、照合するための毛髪をもらった。

 「刑事とは被害者の痛みを分からないといけない。何が何でもホシをあげる信念を崩さない」。悲惨な現場を踏み、確固たる刑事像を持つ。

 刑事生活、31年。知能犯を捜査する捜査2課が長く、平成15年には福島県二本松市長による収賄事件の捜査を指揮した。前任の更迭を受けた急遽(きゅうきょ)の登板。捜査1課勤務は初めてだが、気負いはない。「1課には1課魂という情熱にあふれた刑事が多い。私も刑事。着実に結果を出す」

 世田谷一家4人殺害、八王子スーパー強盗殺人など重要未解決事件への思い入れは強い。鑑識課長時代から現場に足を運び、捜査資料を読み込んできた。「必ず糸口とか、見落とした物証があるんじゃないかと思っている。あきらめずに解決したい」 (高久清史)

【関連記事】
雑居ビル火災 生かされなかった教訓
歌舞伎町ビル火災 44人の冥福祈り献花
大阪パチンコ店火災 定期点検報告怠る
パチンコ店火災 過去にも相次ぐ大規模火災 施設側の責任問題のケースも
教訓にスプリンクラー強化 あの長崎屋火災20年…隊長定年

【りこめんど】ローランド 田中英一社長(産経新聞)
警視庁職員、電車内で女性教師に痴漢(産経新聞)
省内事業仕分け、公開へ―厚労省(医療介護CBニュース)
<強風>関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
不明女子高生の遺体と確認=死因は水死−長崎県警(時事通信)

インスリン投与、殺人未遂容疑で看護師逮捕(読売新聞)

 京都大病院京都市左京区)で昨年11月、入院中の女性患者(94)の体内から高濃度のインスリンが検出された事件で、京都府警は21日、女性にインスリンを投与したとして、同病院看護師の木原美穂容疑者(24)を殺人未遂容疑で再逮捕した。

 木原容疑者は女性が入院中、女性の電子カルテに虚偽の血糖値を記入したとして、公電磁的記録不正作出・同供用容疑で今月2日に逮捕されていた。

「びわこ号」を復活走行へ 大阪・寝屋川市と京阪電鉄(産経新聞)
<民主・生方氏>改めて小沢幹事長辞任求める(毎日新聞)
雑記帳 「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
児童ポルノサイト、リスト化して閲覧防止へ(読売新聞)
<鳩山首相>水俣病犠牲者の慰霊式出席「前向きに検討」(毎日新聞)

「10年遅い」と仙谷氏が酷評=鳩山氏離党で閣僚発言(時事通信)

 鳩山邦夫元総務相が新党を目指して自民党に離党届を出したことについて、16日午前の閣議後の記者会見で、閣僚から冷ややかな発言が相次いだ。
 仙谷由人国家戦略担当相は、「10年遅かったのではないか。ぼくらが第三極を掲げたときに比べれば、第三極も色あせている。基本政策や理念の上で何をしようとしているのか見えない」と酷評した。
 前原誠司国土交通相は「自民党の古い方々を薩長同盟になぞらえて一緒にするんだと言われても、『は? 』という感じだ」と突き放し、中井洽国家公安委員長も「どういう発想で(自民党を)出たのかよく分からない。興味もない」と切り捨てた。
 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は、「関係ない。鳩山氏が連携を呼び掛けてきているわけでもないし、わたしから呼び掛けているわけでもない」と述べた。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

春日大社に矢刺さったシカ=ボーガンか、腹貫通−奈良(時事通信)
優勝メダル盗難を届け出=114年前の第1回五輪−スポーツ博物館(時事通信)
<鳩山邦夫氏>自民党に離党届を提出(毎日新聞)
和泉の不明中2女子 東京で無事保護(産経新聞)
東京大空襲の夜、息子の壕を守り抜いた父(読売新聞)

あなたはシェーバー派? カミソリ派? 使い分けて肌に優しく(産経新聞)

 男性にとって身だしなみを整えるために重要なものの一つが、ひげそりだ。一般的に、電気シェーバー派とカミソリ派に好みは分かれるが、できるだけ短時間に、しかも肌荒れを防いでそりたいという願いは同じだろう。道具選びのポイントや、そり方で気をつけたいことを紹介する。(谷内誠)

[グラフで見る]ひげのイメージは?
 ■防水タイプが人気

 「最近は入浴時に使える防水タイプのシェーバーが登場し、ひげそりにかかる時間を短くしたい若年層に受けている」。こう話すのは家電量販店、ヨドバシカメラマルチメディアAkiba(東京都千代田区)の横野剛さん。

 「商品全体の7〜8割は水洗いができるタイプでメンテナンスをしやすい。1万〜2万円が売れ筋だが、充電と洗浄、乾燥までできる3万〜4万円の高級器も中高年層を中心に伸びている。『カミソリでそるとヒリヒリする』と乗り換える人も多い」という。

 これに対し、カミソリ大手のフェザー安全剃刀(かみそり)(大阪市北区)マーケティング部の内原俊幸さんは「カミソリの刃は1回でひげも産毛もそり落とせる。皮膚の上を何回も往復させなければ肌を傷めない。ただ、切れ味が落ちた刃を使い続ければ肌を傷めるので、5〜10回使ってひげが引っかかるように感じれば交換してほしい」と言う。

 ひげそりに要する時間は、「カミソリだと3分ほど」(ファザー)。一方、シェーバー大手のパナソニック(大阪府門真(かどま)市)アプライアンス・ウェルネスマーケティング部の岡康之さんは「シェーバーなら平均2分。肌を誤って切ったりすることがないのも利点」とした上で、「かつてシェーバー市場では切れ味を競う“深ぞり戦争”があったが、最近は肌への優しさが求められるようになっている」と説明する。

 ■化膿防止に洗顔

 東京医科大学病院皮膚科の三橋善比古(みつはし・よしひこ)教授は「切れ味の悪い刃や不衛生な刃でそると肌に細かい傷ができ、化膿(かのう)したりすることがあるので、そる前に洗顔を。シェーバーかカミソリかは、利便性と爽快感のバランスで使い分けてみては。ただ、毛穴に細菌が入って化膿したりしたときは、シェーバーを使って」とアドバイス。「ひげは朝方に伸びるので、そるなら朝。乾燥肌の人は皮膚科に相談し、保険がきく保湿外用薬を塗るのもいい」と話している。

【関連記事】
ひげそり、偽札判別…中国のおもしろ携帯
ブラウンも苦笑…赤ヘル軍団“ひげそり戦争”勃発?
ギネス認定 1379人が一斉にひげそり
新入社員の茶髪・長髪はOK、ひげはNG? 
英首相、ださい服装1位 ファッション誌GQ
20年後、日本はありますか?

外国人の看護師・歯科医の在留期限撤廃へ(読売新聞)
【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(3)国立民族学博物館教授 関雄二さん(産経新聞)
B型肝炎訴訟で全国初の和解勧告…札幌地裁(読売新聞)
<みんなの党>参院選 比例代表の追加公認候補を発表(毎日新聞)
<火災>野焼きが広がり、1号線通行止め−−京都・伏見(毎日新聞)

<東京大空襲>65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」(毎日新聞)

 東京大空襲から65年を迎えた10日、遺族らでつくる「東京空襲犠牲者遺族会」(星野弘会長、会員約800人)も結成から10年目の節目となった。会員の平均年齢は80歳を超えて高齢化が進む。一方で、空襲で失われた地域のつながりをようやく取り戻す人たちもいる。東京都墨田区の都慰霊堂で開かれた「春季慰霊大法要」(都慰霊協会主催)に出席した遺族会員の無職、望月謙一郎さん(82)=大田区=は「平和を続けてもらいたい」と花を手向けた。

【写真特集】東京大空襲 2時間余りの爆撃で、死者は10万人にのぼった

 望月さんの両親と当時14歳と3歳だった弟2人は空襲で死亡した。家族4人の遺骨は見つからず、無縁仏として慰霊堂に眠る。17歳だった望月さんは五反田の軍需工場にいて無事だったが、孤児として生きた戦後のひもじさが忘れられない。

 5年ほど前の3月10日。慰霊堂で遺族会のビラを手にして入会。翌年の遺族会総会会場で、遺族が描く空襲画展に足を止めた。生まれ育った「石原町」(現墨田区)や、家族4人が避難した二葉小学校の惨状を描いた絵だった。吸い込まれるように絵に見入った。

 作者の堀切正二郎さん(84)=埼玉県草加市=は「熱心に見ている人がいる」と思い、声をかけた。「糊(のり)屋のショウちゃんだよ。望月のケンちゃんかい?」。約60年ぶりの再会だった。

 2人が子供時代育った自宅は、わずか30メートルしか離れていなかった。繊維業を営んでいた望月家は、糊販売業の堀切家で糊を毎日買っていた。2人は相撲やベーゴマでよく一緒に遊んでいたという。

 その後も交流が続き、空襲画や講演で平和を訴え続ける堀切さんに背中を押され、望月さんは昨年8月に初めて空襲体験について講演した。それまで、家族を捜して焼け野原を歩いたあの日の記憶は誰にも語らずに封印していた。「ずっと重い荷を背負う思いだった」。堀切さんとの出会いがその荷を下ろしてくれた。「戦争反対とただ叫んでも意味がない。戦争経験者は体験を伝え、未経験者は聞くことで平和が続いてほしい」。今はそう思えるようになった。

 望月さんは10日、法要の1時間前にグレーのスーツに茶色の帽子姿で会場に到着。慰霊堂の周りを1周し、「65年前とは様変わりしたなあと感じた。慰霊堂の脇の池で弟らとトンボを捕ったり、魚釣りをして遊んだことが目に浮かんだ」とかみしめるように語った。

 遺族会は地区ごとの交流会を30回以上開いてきた。大空襲以来の再会を果たす遺族や、心にしまい込んできた体験談を語り始める人が増えている。星野会長は「遺族にとって残された時間は少なく、今日は最後の節目の日になるかもしれない。遺族の思いを今後も次世代に伝えていきたい」と話した。【森禎行】

【関連ニュース】
【写真特集】43枚の写真で見る 米兵が撮った1945年の東京
<連載・子どもは見ていた>東京大空襲65年/下 在日朝鮮人たち
<ものがたり’10春>乳がん手術乗り越え 語り継ぐ東京大空襲−−海老名香葉子さん
<東京大空襲>墨田区役所に「平和のオブジェ」

三島風穴 埋め立て前に学術調査を 富士山周辺で最古級(毎日新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
関西空港 出国エリア改修工事が完成 1.5倍に拡張(毎日新聞)
トラックは約43キロで交差点に突っ込んだ… 秋葉原殺傷(産経新聞)
法勝寺九重塔の基礎を確認=東寺五重塔の2倍以上−京都市(時事通信)

オノで妻の頭を…八王子の67歳、殺人容疑で逮捕(産経新聞)

 妻の頭をオノで切りつけて殺害したとして、警視庁八王子署は殺人の疑いで、東京都八王子市元本郷町、無職、柴田俊雄被告(67)=死体遺棄罪で起訴=を逮捕した。同署によると、柴田容疑者は認否についてあいまいな供述をしている。

 逮捕容疑は昨年10月ごろ、居住していた市営住宅の室内で、妻の勝子さん=当時(66)=の頭などをオノで切りつけて、殺害したとしている。

 同署の調べでは、柴田容疑者は11月12日、「団地の階段で人が死んでいる」と119番通報。駆けつけた署員に「2、3週間前に妻が意識不明になり、動かなくなったので、部屋から出した」と供述したため、死体遺棄容疑で逮捕された。

【関連記事】
母親を刃物で殺害 男を逮捕 岩手
竪山容疑者を6度目逮捕へ 別の女性への強盗致傷容疑 千葉大女子学生放火殺人
「バイト辞めむしゃくしゃ、誰でもいいから殺そうと」 殺人未遂容疑で少年逮捕
「エイズの恋人を…」英番組で苦悶の殺人告白
金銭トラブルで知人男性刺す 殺人未遂で40歳男逮捕 千葉
20年後、日本はありますか?

偽の国の安全マーク付け販売 レーザーポインター輸入業者(産経新聞)
火災 静岡・三島の老人ホーム、焼け跡から1遺体(毎日新聞)
<高速道路>財源転用を法案化 割引分の一部、建設に(毎日新聞)
雑記帳 広告の新媒体?電通本社ビルがメッセージ直接発信(毎日新聞)
弁護士の懲戒処分、最多76件…人数増要因?(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。